title3.png
toonkigou.png

ピアノdeクボタメソッド

top_img01-1.png

まったく新しい「育脳」ピアノレッスンです

クボタメソッドとは、脳科学(ブレインサイエンス)の世界的な権威、久保田 競先生と夫人のカヨ子先生が開発した、幼児の脳(とくに前頭前野)を育てるための育脳メソッドです。

脳の発達に合わせ、その時々の成長にふさわしい働きかけや刺激を与えることで、より大きな脳を育てます。

toppage-img003-1024x512.png

先生の弾く指と鍵盤の位置を見て、音を聴いて、それをマネして弾くだけ。それだけで、ワーキングメモリー(短期記憶)が鍛えられ、脳(=前頭前野)は大きく育ちます。

レッスン中は覚え、終わったら忘れてもいいという暗記レッスンを繰り返すことでワーキングメモリーが鍛えられ、脳は発達します。

「練習はしなくていい」「宿題は出ない」「家にピアノがなくてもよい」「毎日やらなくても、週1回でも効果がある」。既存のピアノレッスンとは違うレッスンです。
それでも、気がつけば曲が弾けるようになり、記憶力もよくなるのが「ピアノdeクボタメソッド」です。

レッスンは2才から!
集中力がつき、頭がよくなり、ピアノも上達します!

脳の85パーセントは5歳までに完成するといわれています。とくに、2歳、3歳が脳の成長の黄金期です。指で物をつまめて、鍵盤を指で叩けるようになったら、さっそくピアノdeクボタメソッドを始めましょう!

「まだ、ちゃんとひとりでは座っていられないから、座れるようになったら通うわ」では、遅いのです。落ち着きのない月齢だからこそ、鍛える意味があるのです。

ピアノdeクボタメソッドを始めると、どんどん集中力がつき、落ち着いて座っていられるようになります。それは、前頭前野が育っている証拠です。

toppage_img001-1024x710.png

前頭前野の大きさで頭のよさは決まります。
人間が考え、決断し、行動する。すべてを担っているのが前頭前野です。
他の動物にくらべて人間が圧倒的に賢いのは、この前頭前野が発達しているからだといわれています。久保田メソッドは、この前頭前野を鍛え、地頭のいい子を育てるメソッドです。

ピアノdeクボタメソッドは地頭を鍛え、頭のいい子に育ちます

先生の弾く指と鍵盤の位置を見て、音を聴いて、それをマネして弾くだけ。それだけで、脳の神経回路は密になり、前頭前野は育ちます。

また、ピアノのレッスンは、「脳の運動連合野、聴覚野、視覚野の処理能力を早くする」(久保田競先生談)ため、聞く力、話す力を高める効果があり、国語力、外国語の学習能力が育つことも明らかになっています。

ピアノdeクボタメソッド 料金

​入会金:5,000円(税抜)

1回のレッスン時間:30分(年40回)

保護者同伴で​月謝:8,000円(税抜)

  • ピアノがご自宅に無くても受講できます。

  • オンラインレッスンはできません。

ピアノdeクボタメソッドを
体験してください

無料体験実施中!

ピアノdeクボタメソッドの小冊子をプレゼントしています。

お気軽にお問い合わせください。

toppage-img002-1-1024x512.png